押し回しのカギを設置したり、サムターン回しの防犯グッズを利用すると効果的です。

MENU

サムターン回し

 

空き巣が他人の家に侵入する時に使う手口には、サムターン回しというものがあります。

 

サムターン回しに使うドリル

サムターン回しとは、簡単に言うとカギの横にドリルで穴を開けて細い棒を差し込み、内側からカギのつまみを回すことです。

 

ちなみにカギのつまみをサムターンと呼ぶことから、サムターン回しと呼ばれています。

 

このサムターン回しは空き巣の手口で非常に多いです。

 

ピッキングは専門の道具が必要ですしテクニックも求められます。
数秒で開けることが出来る場合もあれば、数分かかってしまうこともあるでしょう。
時間が掛かればそれだけ目撃されるリスクが高まるので、空き巣にとっては怖い時間となります。

 

そうした中でサムターン回しはどんなカギに対しても有効です。
玄関の扉にドリルで穴を開けて細い金属の棒を差し込み、内側からカギのつまみを回せば良いからです。

 

ドリルと聞くとものすごい音が出るように感じますが、一瞬だと周囲の騒音に紛れてしまうでしょう。
手動で回して穴を開けるハンドドリルなら大きな音が出ないので、極めて気付かれにくいのです。

 

また、玄関の扉に穴を開けなくてもサムターン回しで空き巣に入られてしまうことがあります
それは扉に郵便受けが付いている場合です。
腕を差し込んでサムターン回しを行われてしまうので要注意でしょう。

 

サムターン回しの被害を防ぐには、押し回しのカギを設置するのが効果的です。

 

つまみを回すタイプで無ければサムターン回しは役に立ちません。

 

他にも、カギの周りにキャップを付ける対策も有効です。

 

数百円で売っているキャップを付けると、金属の棒などではつまみに触れることが出来なくなるのです。
サムターンガードと呼ばれる防犯グッズなので、興味がある人は探してみましょう。
はめ込むだけで設置不要のタイプもあるので役立ちます。

 

玄関の扉にドリルで穴を開けるような空き巣も居るのです。
何をされるか分からないので、出来る限りの防犯対策をしておくようにしましょう。
空き巣に侵入されて後悔する前に行動するのが大切です。