表面にデコボコがある「ディンプルキー」に交換すると、ピッキング被害のリスクが軽減されます。

MENU

ピッキング

 

ピッキングしている空き巣犯

 

空き巣被害を考える上でピッキングの存在は欠かせません。
玄関や窓にカギがかかっていても、空き巣の被害は完璧には防げないのです。

 

その事例として挙げられるのがピッキング被害です。

 

ピッキングとは、鍵穴に特殊な金属の棒を差し込み開錠してしまうことを差します。
鍵穴を破損させることなく、僅か数秒でカギを開けるのです。

 

現在、こうしたピッキングは誰でも行えます

 

なぜなら、通販サイトでピッキング道具が普通に売られており、マニュアル本までもが売られていたりするからです。
業者向けの商品なので犯罪だと決めつけることも出来ず、通販サイトで平然と売買が行われています。

 

もし、ピッキングでカギを開けられたらどうなるでしょうか?
部屋の中がグチャグチャに荒らされていたら、すぐに空き巣の被害に気付けるでしょう。

 

しかし、こっそりと自宅の現金だけを奪われたら、気付くのに時間が掛かるのは間違いありません
そうなれば犯人逮捕の情報が少なくなり、迷宮入りするリスクが増えるばかりです。

 

ピッキング被害に合いやすいのはマンションだとされています。
特に古いマンションはカギもシンプルでピッキングが行いやすいのです。
空き巣の常習犯だと、隣接するマンションの部屋に片っ端から侵入するケースもあります。

 

こうしたピッキング被害を防ぐには、防犯性の高いカギに取り換えるのが良いでしょう。

 

ディンプルキーという、カギの表面にデコボコが付いているものにするとピッキング被害のリスクが大幅に軽減されます。数万円で交換出来るので、カギが古いものなら交換することを検討してみてください。

 

防犯性の高いカギが付いているだけで、空き巣を遠ざける効果があるのです。
単純なピッキングの難易度だけではなく、防犯意識が高い家だと認識させるのが重要です。

 

防犯意識が高い家にわざわざ忍び込もうとする空き巣は居ないでしょう。
空き巣の侵入は許さないという姿勢を示すのも、ある種の防犯対策になるので覚えておいてください。

 

鍵の取り替えでは予防できない!?「サムターン回し」について