補助錠付きのクレセント、鍵付きのクレセントは二重のロックになるので防犯性能が高くなります。

MENU

クレセント

 

空き巣に割られた窓

 

クレセントと聞いて、どのような物を思い浮かべるでしょうか?
すぐに窓のカギを思い浮かべた人は防犯意識が高いのかもしれません。

 

ここで言うクレセントとは半円形のレバーを回転させるカギのことを差しています。
カギよりもストッパーと考える方が適切でしょう。

 

ほとんどの家庭ではこのクレセントが窓のカギとして取り付けられています。
クレセントを下げれば開錠されますし、上げれば窓が開かなくなります。
空き巣にとっては邪魔な存在となるクレセントですが、防犯性は極めて低いです。

 

そもそもクレセント破りはガラス破りであると言っても良いでしょう。
2つは切っても切り離せない関係にあります。

 

窓ガラスを割ってクレセントタイプのカギを開ける、これが空き巣が最も行うパターンです。
なので、窓ガラスを割られてしまえば普通のクレセントは全く防犯性が無いのです。

 

そこで重要になるのが一手間工夫を加えたクレセントです。

 

見たことがある人も多いと思いますが、クレセントタイプのカギには補助錠が付いていることがあります
窓のカギを閉めた後に、小さなつまみを上にカチッと上げた記憶はないでしょうか?

 

クレセントが回らないようにロックする補助錠があるだけで、防犯性能は格段に向上します。
窓ガラスを破壊されてしまった場合は意味がありませんが、穴開けの手口には対抗できます

 

穴開けとはクレセントのつまみ部分付近の窓ガラスに数ミリの穴を開けることです。
その穴から細い金属の棒を差し込み、クレセントを回転させてカギを無力化するのです。

 

通常のクレセントなら回転して開錠されてしまいますが、補助錠が付いていれば防げます。

 

また、クレセントにカギを掛けられるタイプも存在しています。

 

窓ガラスのカギにカギを掛けることで二重ロックになるので防犯性能はとても高くなります。
二重ロックに気付いた空き巣は、防犯性能が高いと判断して諦めることもあるでしょう。

 

防犯性能を徹底的に高めるなら、まずは窓ガラスを防犯用にするのがベストです。
身近で出来る防犯対策から始めるのであれば、クレセントに一工夫してみるのが良いでしょう。