破壊に時間が掛かると空き巣を撃退することが出来るので、二重ロックとドアチェーンが有効です。

MENU

こじ開け

 

玄関も窓も施錠しているから大丈夫だと思っているなら大間違いです。
防犯性の高い最新のカギを付けていても空き巣の被害を完全に無くすことは出来ません。
こじ開けという物理的な方法による空き巣について解説したいと思います。

 

その名の通り、力任せに無理やり玄関や窓を打ち破るのがこじ開けです。
バールなどをドアの隙間にねじ込んで、力いっぱいこじ開けようとするのです。

 

空き巣に狙われているマンション

古い家では特に警戒する必要があるでしょう。
木造の家だと簡単にこじ開けることが出来てしまうのです。

 

マンションなどでも油断は禁物です。鉄製のドアであってもバールなどを使えばカギを変形させ、容易く侵入出来るからです。

 

物理的な破壊をされると防ぎようがないと感じるかもしれません。

 

しかし、そう簡単に諦めてはいけないのです。
力任せに破壊を行う空き巣を撃退する方法は残されています。

 

こじ開けの対策で有効なのが二重ロックドアチェーンです。

 

ピッキングやサムターン回しと違い、物理的に破壊するこじ開けは時間が掛かります。
空き巣の犯行を調査した結果、カギのこじ開けに5分掛かると70%が退散するのです。
10分掛かれば90%の空き巣が諦めて逃げ出すというのが、こじ開けの防犯対策を示しています。

 

こじ開けを防ぐにはとにかく破壊に時間が掛かるようにしておけば良いのです。

 

そこで役立つのが先ほど述べた二重ロックとドアチェーンです。
カギが2つ付いていれば物理的に破壊するのは大変になります。
さらにドアチェーンがあるならば、破壊するのはより困難になるでしょう。

 

そうなれば空き巣を撃退することが出来るのです。

 

また、二重ロックにすることでこじ開けの空き巣を事前に撃退することも可能です。
2つもカギが付いている家をこじ開けようとする空き巣は限りなく少ないでしょう。
侵入するのに時間が掛かる家だと思わせるだけで、かなり高い防犯性を発揮するのです。

 

二重ロックやドアチェーン数千円~3万円の予算があれば設置出来ます。
防犯対策の一環として検討してみましょう。