防犯ガラスはほぼ確実に空き巣を撃退でき、防犯フィルムを窓ガラスに貼ると防犯性能を発揮します。

MENU

ガラス破り

 

一戸建ての空き巣被害の場合、侵入経路の60%が窓からとなっています。
トイレの小さな窓や2階や3階の窓から侵入されるケースもあるのです。
窓にカギが掛かっているかどうかは関係なく、狙われやすいという認識を持たなければいけません。

 

窓から侵入する手口ですが、最も多いのはガラスを割ることです。

 

ガラスを割りカギを開けて家の中へ侵入して窃盗を行います。
ここで紹介するのはガラスを割る手段の1つであるガラス破りです。

 

ガラス破りに使うマイナスドライバー

ガラス破りとは、マイナスドライバーを使って割る空き巣の手口です。
窓ガラスとサッシの隙間にマイナスドライバーをねじ込むと、普通のガラスは簡単にヒビが入ります。
これを数回繰り返すことでガラスに穴を開けてしまうのが、ガラス破りなのです。

 

なぜこのような手段を使うかと言うと、音がほとんど出ないメリットがあるからです。
石やブロックで窓を叩き割ればものすごい音がして近所の人が気付くでしょう。

 

しかし、マイナスドライバーでガラスにヒビを入れるだけなら、音は極めて小さいです。
ガラス破りに掛かる時間は数秒~数十秒のため、近所の住民に目撃されるリスクも下がるでしょう。

 

このガラス破りを防ぐには、防犯ガラス防犯フィルムが必要になります。

 

防犯ガラスは割れにくい性質を持っているので、ほぼ確実に空き巣を撃退出来るでしょう。
ですが、値段は少々高くなりますし設置のコストもかなりの負担になります。

 

一方の防犯フィルムは、防犯ガラスほどでは無いにしても、そこそこ高い防犯性能を発揮します。
ガラス破りを防ぐには十分な効果があると見て良いでしょう。
コストも低く簡単に取り付けられるので一般家庭では重宝されるものです。

 

自宅に数百万、数千万の財産があるのなら防犯ガラスにするのが最適です。
そうでなければ防犯フィルムで対策しておくのが良いでしょう。

 

我が家の安全を守るために、窓ガラスに対する防犯意識は高めておいてください。
空き巣がいつ襲って来るかは分からないのです。