ポストに郵便物を溜めていたり、家の周囲を高い壁や植木で覆っていると狙われやすくなります。

MENU

手口と対策のまとめ

 

窓から侵入しようとしている空き巣

 

ある日、家に戻ったら家がめちゃくちゃに荒らされていた。
思い出の品が壊され、金品が根こそぎ奪われていたら耐え難い苦痛を味わうことでしょう。

 

これは誰にでも起きうる空き巣の被害なのです。

 

空き巣被害は目撃者がいないと犯人の逮捕が難しく、迷宮入りしやすい事件です。
万が一の事件に巻き込まれないように、空き巣の手口を知って防犯対策をしておきましょう

 

基本的に空き巣はターゲットとなる家を物色しています。
何となく適当に侵入するのではなく、お金がありそうで犯行がバレにくそうな家を選ぶのです。

 

では、どのような家が狙われやすいのでしょうか?
空き巣の心理を踏まえた上でまとめて行きたいと思います。

 

 

 

まず、ポストに郵便物が溜まっている人は要注意です。

空き巣に狙われやすいポスト

なぜ危険かと言うと、家主が長期間留守だと簡単にバレてしまうからです。

 

空き巣が最も警戒するのは家主に見つかって騒がれることなのです。
そのため、家主が長期間留守だと確信できる情報は空き巣に安心感を与えてしまいます

 

郵便物は溜めないようにするのが防犯対策のポイントです。
もし、長期間留守にするならば、近所の人に郵便物の回収をお願いするのも良いでしょう。

 

 

 

次に、家の周囲が高い壁や植木で覆われている場合も注意が必要です。

空き巣に狙われやすい家

外部の視線を遮るために作られる壁や植木は、空き巣の犯行をも隠してしまうからです。道路から丸見えの場所から侵入しようとする空き巣は居ないのです。

 

なるべくなら高い壁や植木は無い方がよいですが、すべて取っ払う訳にもいきません。

 

そのようなケースでは、防犯カメラを設置するのが効果的でしょう。
防犯カメラ作動中という張り紙をしておくだけでも空き巣を警戒させられます。

 

 

 

玄関の扉に古いカギを使っている場合も問題があります。

しっかりとカギをかけていても、知識と道具を持った空き巣なら簡単に開錠出来てしまいます。
ピッキングと呼ばれる針金のような道具を使う方法やサムターン回しなど、手段は実に様々です。

 

そうした被害を防ぐためにも防犯性の高いカギを付けておくのが望ましいです。
まだ古いカギを使っている方は、今すぐ鍵開け業者に依頼して鍵の交換を行いましょう。

 

鍵開け業者ランキング

 

 

 

時には乱暴な強行突破による空き巣も行われます。

その手段とは窓ガラスを叩き割って家に侵入するというものです。
これでは玄関や窓にしっかりカギをかけていても無意味となってしまいます。

 

窓ガラスの破壊を防ぐには、防犯ガラスに強化しておくのが良いでしょう。
防犯ガラスを割るのは至難の業で、侵入に時間を掛けるのを嫌う空き巣には天敵の存在です。

 

防犯フィルムを貼るだけでもガラスは驚くほど強化されるので試してみてください。

 

 

 

外出する時に合カギを鉢植えやポストに入れる人もリスクが高いです。

空き巣は狙いを定めた家の人がどのような行動を取るのか観察しています。
合カギを隠す場面を見られてしまったら、確実に空き巣の被害を受けるでしょう。

 

何か理由があって合カギをどこかへ置いておく必要があるならダイヤル式の鍵に付け替えてみてください
もしくは、合カギをダイヤル式のカギが付いた箱にしまうのが良いです。

 

 

 

2階の窓を開けたままにするのも止めましょう。

空き巣は1階から侵入するとは限らないのです。
室外機や塀などを足掛かりに2階から侵入して、帰りは玄関から出て行くケースもあります。

 

これはマンションに住む人にも言えることです。
2階、3階だからと言って戸締りを怠ってはいけないのです。

 

 

 

空き巣の被害は非常に重たいものです。
金品を盗まれたこともショックですが、見知らぬ人が家を物色したという事実は精神的に苦しくなります。
特に女性だと不安で眠れなくなってしまったり、引っ越しを余儀なくされたりもします。

 

被害に合わないように万全の防犯対策をしておきましょう。
何かあってからでは遅いので、気付いた時に行動を起こすのが最適なのです。

 

自分に限って被害に合うことは無いだろう、そのような思い込みはとても危険です。
万が一に備えた人だけが、万が一の空き巣被害を防げるのです。

 

空き巣の侵入経路や侵入を狙う時間帯とは?